銀座の女医が解説する 素敵なセックス

銀座の女医が解説する 素敵なセックス
第1回

銀座の女医が解説する 素敵なセックス

2016/02/26公開

はじめに

「エッチが大好き!」「セックスしたい……」ムラムラしちゃう私はヘンですか?

◇◇

 かつての日本には、女性がセックスについて考えたり語り合ったりすることがタブー視されていた時代がありました。
 しかし、近年になって価値観が変わり、社会的な抑圧はだいぶ解けて多くの女性が自分の性やセックスと明るく向き合えるようになってきています。
 女性向けの雑誌ではメイクやファッションと同じように、セックスの特集が組まれることも珍しくなくなりました。

 さて、あなた自身はいかがでしょうか?
 自分自身の欲望と上手に付き合えていますか?
 大好きな彼とのセックスは充実していますか?

 あなたが、エッチなコミックやサイトをつい夢中で見てしまうとき。
 経験豊富な友だちのセックスについて話を聞いているとき。
 好みの男性タレントの表情やしぐさにキュンときたとき。
 彼に「好きだよ」とささやかれて、「今日は帰りたくないな」と思うとき。
 なんだかモヤモヤして眠れないとき。
 もっとはっきり直接的に、「セックスしたい!」「彼にこんなことをされてみたい!」と思うとき……。

 性欲が高まるのを感じたとき、ひょっとしたら心のどこかに「こんなエッチなことを考えている私って、ちょっとヘンなのかな?」と、冷めた視線を送るもうひとりのあなたがいるかもしれません。

 けれども、男性だけでなく女性にも性欲があるのですから、「セックスしたい」と思うことがあるのはあたりまえです。
 そもそも人は小さいときから性に対する関心を持ち、その関心は成長するにしたがってだんだん強くなります。

 決して、「エッチな私=恥ずかしい私」なんかじゃありません。
 学校や会社でまじめだと評判のあなたがアブノーマルな妄想をしていたとしても、ちっとも問題になんかなりません。
 「こんなことを考えちゃう私」もあなたの心の一部だと認めて、大事にしてあげてください。

 彼や夫とのセックスを積極的に楽しみたい、もっと気持ちよくしたいと考えることも、とても自由で素晴らしいことです。
 大きな声で主張する機会は少なくても、多くの人が愛する人と、身も心も結ばれることができて豊かな気持ちになれるようなセックスをしたいと願っているはずです。

 そのための方法を探しているあなたは、きっと自分の心とカラダの声に敏感で、いつも自分の世界によりよい何かを求めているタイプの女性でしょう。
 自分の欲求と上手に付き合いながら、「もっと素敵なセックス」に近づく方法を本書で一緒に探っていきましょう。

 ただ、あわてて実践へと先走ってしまうのはよくありません。
 何よりもまず、セックスに関する正しい知識を身につけることと、パートナーとのより深い信頼関係を築き、上手なコミュニケーションの方法を探ることが肝心です。

 情報と具体策については、これから本書のなかでお話ししていきます。
 もちろん、性感を高める愛撫の方法や、ちょっと大胆なテクニックについてもご紹介しています。

 彼と一緒に読むのもいいですし、「パートナーはこれからできる予定だけど、セックスにはいまから興味津々……」、という、初心者マークのあなたも大歓迎です。

 学んだり、考えたり、試したりしながら、もっと充実したセックスに向かって少しずつ前進していきましょう。

[eロマンスjpの連載情報はツイッターでcheck!]

小説一覧 コラム一覧 コミック一覧
トピック一覧 特集一覧 TOPへ戻る

▼まとめ読みしたい方は書籍購入ページへ▼

全話スグ読める電子書籍はコチラ↓

銀座の女医が解説する 素敵なセックス

銀座の女医が解説する 素敵なセックス

監  修
池下育子
イラスト
淀川ゆお/西村アメリカ君
レーベル
eロマンス新書
価  格
299 円(税抜)
※各配信書店で販売金額が異なる場合があります。

以下の書店名をクリックすると、電子書籍版の購入ページへ移動します。

配信書店の一覧はこちら