さらば便秘ブス! おなかペタンコ!! 美腸ダイエット

さらば便秘ブス! おなかペタンコ!! 美腸ダイエット
第1回

さらば便秘ブス! おなかペタンコ!! 美腸ダイエット

2015/05/29公開

はじめに

◇◇

 多くの女性にとって、ダイエットにまつわる悩みは尽きないものでしょう。

 「がんばっているのに、なかなかやせられない」
 「一旦はやせても、すぐにリバウンドしちゃう」
 「失敗続きで、何度もダイエットをしている」
 こんなふうにつらい思いをしている人は、多いと思います。

 厳しい食事制限をして必死に体重を落としても、「胸だけがやせてしまい、おなかはぽっこり出たまま」とか、「便秘になってしまった」「肌荒れがひどくなった」「なんだか、やつれてしまった」という人もいるのではないでしょうか。
 せっかく美しくなろうと努力をしても、これでは意味がありませんね。

 そもそも、ただ食事を減らすだけのダイエットでは、決してキレイにやせることはできません。
 いきすぎれば健康を損なうだけではなく、心まで傷ついてしまう可能性があります。

 では、健康を保ちながら美しい体型を目指すには、どうすればいいのでしょうか。
 そのカギを握っているのが「腸」です。

 腸の健康状態はその人が持つ美しさや、全身の健康状態と密接に関係しています。
 たとえば、腸内がきれいな人は肌もきれいです。反対に、肌荒れに悩む人は腸にもシミ(大腸メラノーシス)ができていることがあります。

 便秘とダイエットも、腸の働きと大きく関係しています。
 腸の健康を考えた食事やライフスタイルを実行すれば、便秘をしない元気な腸を維持することができます。

 腸に溜まった便や老廃物を毎日スッキリ排出すれば、新陳代謝が高まり、余分な脂肪を燃焼させることができます。
 そうすれば、ぽっこりと出たおなかは自然とへこみ、あごのラインがシャープになり、下半身のむくみが解消するなどのダイエット効果が自然と表われてくるはずです。
 もちろん、肌も美しくよみがえりますし、カラダに備わっている免疫力(病気に対する抵抗力)もアップするでしょう。

 そうやって健康的なダイエットを続けていれば、体重がそれほど落ちなかったとしても、筋肉の量が増えてカラダ全体がキュッと引き締まります。
 腸の元気をよみがえらせることで、誰でも自然ときれいになる方法、それが「美腸ダイエット」なのです。

 あなたもぜひ、あなた自身の腸の健康を見つめ直して、二度とリバウンドしない本当のダイエットをかなえてください。

 そのために、腸の健康に役立つ基本的な解説と、お金をかけずに日々の生活のなかで取り組める実践方法を満載した本書を、お役に立てていただければ幸いです。

カラダのなかから輝きたい! 腸からキレイになる秘訣

 「美腸ダイエット」を始める前に、まず知っておきたいのが「腸のメカニズム」です。
 ツラーイ便秘を引き起こす原因についても、ていねいに解説します。
 チェックテストで、あなたの「美腸度」も診断してみましょう。
Q1
 腸とは、どのような器官ですか?

A
 簡単に説明すると、口から始まる消化管の、最後尾に位置している器官が「腸」です。
 腸は大きく分けて「小腸」と「大腸」のふたつに分類されます。小腸と大腸を合わせた長さは7~9メートルもあり、広げるとテニスコート一面分もの面積になります。

 ちなみに、小腸は胃に近いほうから順番に、「十二指腸」「空腸」「回腸」と区別されます。
 そして、その先に大腸として「盲腸」「上行結腸」「横行結腸」「下行結腸」「S字結腸」「直腸」が続きます。

 腸が食べ物の消化、吸収、排泄のために働く器官であることは、皆さんもよくご存知のことでしょう。
 口から摂った食べ物は、まず食道を通って胃に入り、胃酸によって消化されてドロドロに溶かされます。

 その先の十二指腸でさらに消化・分解され、続く回腸でおもな栄養分が体内に吸収されます。
 残ったものが大腸に送られると、大腸で水分が体内に吸収され、次第に固形の便となります。
 これが溜まってくると便意が起きて、カラダの外へと排泄されるのです。

 しかし、腸は消化、吸収、排泄だけでなく、じつは「免疫(めんえき)」とも密接に関係しています。
 免疫とは人間が病気に対抗するために備えている、自己防衛機能のことです。
たとえば、「T細胞」「B細胞」「ナチュラルキラー細胞」などからなるリンパ球が、体内で免疫のために働いています。
 これらのリンパ球がカラダのなかに侵入した細菌やウイルス、細胞の突然変異で発生したガン細胞などを攻撃して、無力化してくれるのです。

 このリンパ球のうち、じつに60パーセントが腸に存在しているのです。これは口から侵入した微生物や最近、ウイルスなどを速やかに攻撃するためだと考えられています。

 リンパ球以外にも、腸内には「腸内細菌」と呼ばれる細菌が100兆個も住みついています。
 腸内細菌には乳酸菌・ビフィズス菌などの「善玉菌」、ウェルシュ菌などの「悪玉菌」、状況によって善玉菌になったり悪玉菌になったりする「日和見菌(ひよりみきん)」がいます。
 腸内細菌のバランスが、「善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌7」の割合で維持され、便秘などもしていなければ、それに応じて免疫力も高くなると言われています。

 また、腸の粘膜には腸特有の「バイエル板」と呼ばれるリンパ組織があり、このバイエル板に乳酸菌が作用すると、免疫力が高まることもわかっています。
 腸の健康はお通じの調子だけではなく、あなたのカラダ全体の防衛力をも左右しているのです。
image1

全話スグ読める電子書籍はコチラ↓

さらば便秘ブス! おなかペタンコ!! 美腸ダイエット

さらば便秘ブス! おなかペタンコ!! 美腸ダイエット

監  修
松生恒夫
イラスト
壱悸ユカリ/西村アメリカ君
レーベル
eロマンス新書
価  格
299 円(税抜)
※各配信書店で販売金額が異なる場合があります。

以下の書店名をクリックすると、電子書籍版の購入ページへ移動します。

配信書店の一覧はこちら