快感セックス 女子から誘うプチSM

快感セックス 女子から誘うプチSM
第1回

快感セックス 女子から誘うプチSM

2015/09/25公開

はじめに

 あなたと彼氏、あなたと旦那さん、もしかしてマンネリ?
 昼間はとっても仲がいいのに、夜の関係はもう飽きてしまった……、方向を見失った……そんなふたりは意外と多いもの。
 性の不一致や先の見えない沈滞感は、時として本来大切にすべき愛情まで壊してしまうことがあります。

 そうなる前に、普通のセックスの延長線上で濃密な関係をもう一度作り出してみたいと思いませんか?
 この本で扱うのはSMのなかでも本当にソフトで、ほんの少し偏見を取り除き、ほんの少しの勇気を持てば、普通のセックスとはひと味違う刺激を味わえる方法です。

 でも、こんなことで嫌われてしまったら……、痛い……、どんなやり方が効果的か……など、少し戦略を練ってから挑みたいですよね。
 興味はあるけれど少し怖い、どうしていいかわからないプチSM、ソフトSMへの扉を、ほんの少し開けて覗いてみちゃいましょう!

SMってなんだろう?

プチSMになじむ女性の多さ

 あなたは「みんな、SMなんてしていないんじゃない? 変態プレイだもん……」と思っていますか?
 ここで紹介するSMは、どんな屈辱にも苦痛にも耐えるハードなものではなく、言葉やシチュエーション、恥ずかしさなどで、本来のセックスのドキドキ感を増すというソフトなものです

 ある調査ではすでにカップルの2割がプチSMの経験があり、また、あるAV女優さんが調べたところ、女性の約8割が「プチSMで一層燃えると思う」と答えたといいます(吉沢明歩『M系セックス』より)。
 軽いMの女性は、驚くほど多いのです。
 だから、「辱められることを想像してドキドキするなんて、変態かも!?」と落ち込む必要はまったくありません。
 むしろ日本では大多数の女性が想像する、ごくごく普通のことなんですよ!

 その女性たちがまだ感じたことのない絶頂を、少しずつ開いて癒やしていくために、「プチSM」という技を使ってみようというのが、この本の目的なのです。

倦怠期こそチャンス!

 どちらかが意識的にセックスを拒むセックスレスではなく、愛情があるのに、単に「いつもどおりのセックスにあきたよね……」という倦怠期には、お互いが新しい刺激への欲求があるもの。
 もともと淡泊な男性でも、新しい刺激には決して興味がないわけではありません。

 もし、あなたがパートナーとこんな状態にあるとしたら。あなたがいつもと違うアプローチで誘いかければ、相手のリアクション度は高いでしょう。
 そんなときこそ、新しい関係に飛び込むチャンスなのです。
 その関係のひとつとして、プチSMがあります。もちろん、これを覚えたらいつもSMをしなきゃいけないわけじゃありません。
 普通のセックスに戻ったって、SMを続けたってかまわない。

 セックスのバリエーションが増えると、彼との時間が充実する可能性がより高まるのでトライしてみる価値はありますよ!

快感セックス 女子から誘うプチSM

[eロマンスjpの連載情報はツイッターでcheck!]

小説一覧 コラム一覧 コミック一覧
トピック一覧 特集一覧 TOPへ戻る

▼まとめ読みしたい方は書籍購入ページへ▼

全話スグ読める電子書籍はコチラ↓

快感セックス 女子から誘うプチSM

快感セックス 女子から誘うプチSM

著  者
Muunie
イラスト
Kei
レーベル
eロマンス新書
価  格
299 円(税抜)
※各配信書店で販売金額が異なる場合があります。

以下の書店名をクリックすると、電子書籍版の購入ページへ移動します。

配信書店の一覧はこちら