ショートニング2

ショートニング2 続・短くてくだらない100の物語
第1回

ショートニング2 続・短くてくだらない100の物語

ショートニング
2016/10/28公開

まえがき

 出ました。2冊目が出ました。

 2冊目が出たということは、そうです。1冊目がそこそこ売れたということです。
 1冊目がそこそこ売れたということは、そうです。皆さんが買ってくださったということです。ありがとうございます。
 腹の底から声を出して御礼申し上げます。ありがとうございます(実際にやると大家に怒られるので、無表情でキーボードだけ打っています)。

 自分の書いた本が出版されるというのは、こう、まわりの反応が「すごいぜ!」「自慢の友人です!」みたいな「先生! 先生!」みたいなね、感じになるのかなと思ってたんですけど、実生活で「シエ」であることを隠している僕のまわりは、あたりまえですがまったく変化がなく、唯一ちやほやされているツイッター上でも2~3日経ったら誰も何も言わなくなりました。
「先生」と呼ばれることも一度もありませんでした。内容的に先生と呼ばれることは絶対にないとか、そういう直球の意見は聞きたくありません。現実とかあんまり興味ないんで。
 虚構のやさしさの上にあぐらかいて生きていくんで。

 さて、本書『ショートニング』については1冊目のまえがきで説明していますので大丈夫ですね? 1冊目を買わずに2冊目を買われた方は、1冊目から買って読んでください。
 そもそもあれですよ。2冊出てるのに1冊目を無視して2冊目から買うって、長男がいないのに次男から生むみたいなもんですからね。違いますね。すみません。これは違いました。
 1冊目から買ってほしいがゆえに適当なことを言いました。
 でも、できましたら1冊目から買ってください。1冊目と2冊目がまったく別ものなんで読まなくても何も困らないんですけど、売れたら僕が喜ぶので。
 僕を喜ばせるためだけに買ってください。よろしくお願いします。

 長男、次男といえば、先日実家に帰ったときのことです。
 普段は適当な母(遺伝です)が珍しくまじめな顔で僕に言いました。

「シエ。あなた、お母さんに隠してることない?」

 僕は焦りました。なぜなら98パーセント隠して生きているからです。
 いまからそれをすべて発表させられるのだろうか。ちょっとした伝記みたいになるけども。何も成し遂げてないから、まったく抑揚もオチもない伝記みたいになるけども。
 戸惑う僕を尻目に母は続けました。

「○○(弟)のことなんだけど……」

 僕には2歳下の弟がいるのですが、これが僕に輪をかけて秘密主義で、知らないうちに結婚してたり、知らないうちに入院してたり、知らないうちにマンション買ってたり、知らないうちにマンション売ってたりと、「報・連・相」のかけらもなしに好き放題。
 どうやら母はなんの相談もしてくれない弟と同じく、僕も内緒で何かやってるのではないかと心配になったようなのです。
 実際はまぁ、いろいろとやっているわけですが、内緒でマンション売るのと内緒で電子書籍売るのではまったくレベルが違うわけで、下手に母を心配させることもないだろうと「何もないよ」と伝えました。
 それを聞いた母は心底安心した表情で「よかった。シエは本当に昔から手のかからない子だったからね……それに比べて○○は……」と弟の愚痴を言いだすかと思いきや「でも、そんな手のかかる○○が、なんだかんだでいちばんかわいいのよね……」と続けました。
 お母さん。その感情は隠してたほうがよかったんじゃないかな。

 そんなこんなで愛され上手な2冊目です(泣いてません)。
 今回はブログからの転載に加え、1冊目にはなかった1ネタごとのコメントも新たに追加していますので、すでにブログを読んだことのある方にも楽しんでいただける内容になっているのではないかと思います。
 1冊目から得た教訓を糧に、さらによい2冊目を出す。
 時間をかけて、ゆっくりと。1冊目に負けないように。
 いや、むしろ1冊目よりもいいものになるように。そして手のかかったぶんだけ愛着の湧く2冊目。手のかかったぶんだけ、愛着の湧く次男……。

 皆さん、たまには1冊目も読み返してあげてくださいね(泣いてません)。

[シエ プロフィール]

福岡生まれ。
ツイッター上では7歳の設定だが、実際は意外と気さくな30代。中肉中背。肉好き。猫派。昼はコンタクトで、家ではメガネ。
10数年前からほぼ毎日(土日祝、盆正月除く)ブログを更新している暇な人。現在も細々と週1~2回程度更新中。
◇ツイッター⇒ @s_sh
◇ブログ⇒ http://blog.livedoor.jp/s_shortening/



【電子書籍】
『er-ショートニング 短くてくだらない100の物語』
『er-ショートニング2 続・短くてくだらない100の物語』
『er-ショートニング3 続続・短くてくだらない100の物語』
『er-ショートニング4 続続続・短くてくだらない100の物語』
『er-ショートニング5 あいかわらず短くてくだらない100の物語』

[eロマンスjpの連載情報はツイッターでcheck!]

全話スグ読める電子書籍はコチラ↓

ショートニング2 続・短くてくだらない100の物語

ショートニング2続・短くてくだらない100の物語

著  者
シエ
レーベル
eロマンス新書
価  格
454 円(税抜)
シリーズ
ショートニング
※各配信書店で販売金額が異なる場合があります。

以下の書店名をクリックすると、電子書籍版の購入ページへ移動します。

配信書店の一覧はこちら