【お悩み1】

 私は狭く深く付き合うタイプです。
 そのため私の友人が、違う友人や恋人と仲よくしていると嫉妬してしまいます。
 どうしたらいいでしょうか?

【回答】

 ご質問誠に有難う御座います。

 まずご質問者様にお伝えしたいことが御座います。
 よくアンケートなどにもなる質問で
 「貴方は『深く狭く付き合うタイプ』『浅く広く付き合うタイプ』のどっち?」
 というものが御座います。

 もしかしたら、ご質問者様も『浅く広く付き合うタイプ』と『深く狭く付き合うタイプ』の2タイプの人間しかいないとお考えかもしれませんが、少なくとも私の価値観とは異なります。

 私は
 『広く付き合い、なおかつ深い人間関係を構築するタイプ』
 『広く付き合い、なおかつ深い人間関係を構築しないタイプ』
 『狭く付き合い、なおかつ深い人間関係を構築するタイプ』
 『狭く付き合い、なおかつ深い人間関係を構築しないタイプ』
 の4タイプの人間がいると考えております。

 つまり「広く付き合うか、狭く付き合うか」と「深い人間関係を構築できるか、構築できないか」というのはまったく異なる指標だと考えているので御座います。

 『まったく異なる指標』という表現ではわかりにくいかと思いますので、わかりやすい例を挙げてご説明いたします。
 たとえば私が、この世には「背が高くて勉強ができる人間」と「背が低くて勉強ができない人間」しかいない、と言ったらどう思いますでしょうか?
 「背が高くて勉強ができない人間」も「背が低くて勉強ができる人間」もいる、と言いたくなることでしょう。

 『まったく異なる指標』というのは、この「身長」と「勉強」のように、全然関係のない話題という意味で御座います。

 どうにもご質問文から、ご質問者様は『2タイプの人間しかいない世界』だとお考えのように感じたのですが、いかがでしょうか?
 このことを踏まえたうえでご質問者様には非常に厳しいことをお伝えさせていただきます。
 ご質問者様にとってご友人様は「唯一無二の友人」かもしれませんが、ご友人様にとってご質問者様は「数いる友人のなかのひとり」にすぎません。

 さて、私は「深い関係」のほうがよい、とか「広い関係」のほうがよいというようなことはまったく思っておりません。
 そのうえでお話しいたします。
 「友人は狭く深くがいい」と考えている方は、「広く付き合う人間は、深い人間関係が築けない」というように考えているように思えます。
 手当たり次第に多くの方と付き合って、結局誰からも相手にされない。友人は多くいるのに、いざ困ったときは誰も助けてくれない、そんな状況は確かにみじめでしょう。
 ところが、現実には広い付き合いをしている方の多くは「たくさんの方とそこそこに付き合い、そのなかでとくに仲のよい人とは深い関係を構築する」といった付き合い方をされています。

 つまり「深い付き合い」と「浅い付き合い」を併用していると言えるでしょう。
 もし、こういった方がご質問者様と同じ状況になった場合。

(1)友人の友人とも仲よくなる。
(2)友人がほかの友人と遊んでいるあいだは、ほかの友人と遊んでいる。

 このどちらかを選択するでしょう。
 おそらくご質問者様には、どちらの選択肢もとることはできないのではないでしょうか。

(1)は狭い関係をよしとするご質問者様には選択できません。
(2)は狭い関係をよしとするご質問者様には、ほかの友人がいないので選択できません。

 さて、私は「狭く付き合う」という考え方が悪いとは言いません。
 事実、私も広く付き合うタイプとはお世辞にも言えないタイプで御座います。
 ですが、「狭く付き合う」という考え、それ以外の方とは付き合わないようにするという態度は多くの場合において自身の選択の幅を狭めます。

 したがって、ご質問者様にいま必要なのは「そこそこに付き合う」というスキルではないでしょうか。

 先ほど申し上げたとおり、私は比較的狭い人間関係を構築するタイプの人間で御座います。ですが、友人の友人と「その場かぎりで」仲よくする能力程度は持っているつもりで御座います。

 もしかしたら、この「その場かぎりで仲よくする能力」というのが、ご質問者様からしたら「広く付き合うタイプ」の人間かもしれませんが、この「その場かぎりで仲よくする能力」は社会で生きていくうえでは、ほぼ必須の能力かと思います。

 それこそ天才芸術家とか、山に籠って生きるなどの選択肢でもとらないかぎり、かならずついて回る能力でしょう。

 さて最後になりますが、ご質問者様にどうしてもお伝えしたいことが御座います。
 今回の回答でいちばんお伝えしたいのは「広く付き合うか、狭く付き合うか」ということと「深く付き合うか、狭く付き合うか」はまったく関係のないものであるということで御座います。

 つまり「広く付き合っていながら、深い関係を築ける人間」がいる一方で、「狭く付き合っていながら、浅い関係しか築けない人間」もいるということで御座います。

 もしご質問者様が「私は狭い人間関係しか築いていないのだから、その狭いなかの友人とはかならず深い関係であるはずだ」とお考えでしたら、それは間違いでしょう。
 そもそも、今回のご質問の「ご友人様」と本当に深い関係を築けているのであれば、嫉妬などしないはずで御座います。

 私の「唯一の友人」が取られてしまう。

 そんな不安がこのご質問になったのではないでしょうか。
 もしそうであれば、ご質問者様が嫉妬をしているのは、「ご友人様」に対してではなく「私以外にも友だちを作っていて、しかもその人ともそれなりに深い関係になれるご友人様のコミュニケーション能力」に嫉妬をしているのかと思います。

 深い関係だと思っているのは、もしかしたらご質問者様だけなのかもしれません。

全話スグ読める電子書籍はコチラ↓

性格のお悩み

ラブホスタッフ上野さんの人生相談 101のお悩み・総集編

著  者
上野
レーベル
eロマンス新書
価  格
1852 円(税抜)
シリーズ
人生相談 セレクション
※各配信書店で販売金額が異なる場合があります。

以下の書店名をクリックすると、電子書籍版の購入ページへ移動します。

配信書店の一覧はこちら