かわいくないし胸はないし金もなければ若くもなく彼氏もいないが生きているアラサー女のひとりごと

かわいくないし胸はないし金もなければ若くもなく彼氏もいないが生きているアラサー女のひとりごと
第1回

かわいくないし胸はないし金もなければ若くもなく彼氏もいないが生きているアラサー女のひとりごと

2017/02/24公開

まえがき

 こんにちは。「なかむら!」改め「なかむらたまご」です。

 女子高生のフリをしている独身OLの日常を書き連ねたツイートを続けていた結果、フォロワーが数万人になり、このような機会をいただく運びとなりました。
 まことにありがとうございます。

 ツイートの内容はおもに、私と彼氏のラブラブなやりとりを載せています。
 たとえば、「残業して帰ったら彼氏がカレー作って家で待ってくれている」とか言う職場の後輩に対して、心の奥底深くから憎んだ話などを書いています。
 そうですね、お気づきのとおり私に彼氏はいませんね。開始早々からから嘘をつきました。ごめんなさい。
 彼氏がいないどころかラブラブなやりとりは1文字も載っていませんので、読んでいて嫉妬することも「リア充爆発しろ!」と思ってイライラすることもない気楽な内容になっております。

 あらためまして、内容はおもに「彼氏がいない話」「何回確認しても胸がない話」「顔がどう見てもブサイクな話」です。
 なので、風呂上がりに服を着るのが面倒くさくて全裸でベッドにごろごろしているくらいのラフなタイミングでお読みいただければと思います。
 そして長い時間全裸でいたせいで、風邪を引いて寝込んだときの暇つぶしにお使いください。
 最終的には、「私はなんて無駄な時間をすごしてしまったのだろう……」と後悔し、憤って携帯を壁に投げつけた勢いで画面が割れて修理代がかかる羽目になったら、一生の思い出にしてもらえて本望です。

 このお話を受けるにあたって、まず考えたのは「名前を変えなければならない」でした。内容が頭おかしすぎて身バレが怖いからです。
 いろんな人の知恵をいただいた結果、「味塩太郎」とか「おひたし扇風機」とかいろいろとアイデアは出てきたのですが、意味がわからないし最終的に考えるのが面倒くさくなったので、ツイッターで使用している「なかむらたまご」のままでやらせていただくことになりました。
 でも本名は! 本名は「なかむら」じゃないんです! 信じてください!
 近くに「なかむら」っていう苗字の悲しい毎日を送ってそうな独身OLがいたとしても、それは私ではないんです! 本当です!
 私の名前は「なかむら」じゃない!
 この必死さを見ていただければおわかりいただけるように、本名じゃないですからね!
「私はなかむらではありません!」っていうことにさせてください。

 これを読んだ皆さんが今後、全国の独身のなかむらさんに優しくなりますように。私が伝えたいことは以上です。私はなかむらじゃないですけどね。

 それでは、よろしくお願い致します。

[なかむらたまご プロフィール]

◇ツイッターアカウント=@nkmrerk


[eロマンスjpの連載情報はツイッターでcheck!]

全話スグ読める電子書籍はコチラ↓

かわいくないし胸はないし金もなければ若くもなく彼氏もいないが生きているアラサー女のひとりごと

かわいくないし胸はないし金もなければ若くもなく彼氏もいないが生きているアラサー女のひとりごと

著  者
なかむらたまご
レーベル
eロマンス新書
価  格
454 円(税抜)
※各配信書店で販売金額が異なる場合があります。

以下の書店名をクリックすると、電子書籍版の購入ページへ移動します。

配信書店の一覧はこちら