ビッチ先生が教える 一緒に気持ちよくなれるセックス講座

「痛くないセックス」の作り方
第2回

「痛くないセックス」の作り方

2018/01/25公開

セックスでそれは間違いですよ! 5ヵ条

 あらためまして、めくるめくセックス講座の世界へようこそ!

 まずは男女ともにやりがちな「セックスへの誤解」を5ヵ条にまとめました。セックス前には下記5ヵ条を印刷して壁に貼り、合唱しながら礼をして1000回唱えてください。
 のっけから嘘をつきましたが、それくらい重要なのは真実です。

1 奥まで突くと、女性は気持ちいい

 膣の奥には「ポルチオ」と呼ばれる部分があり、性感が強いといわれます。
 しかしこの部分が感じようになるまでには半年くらいの開発が欠かせないうえ、本番も1時間単位の前戯が必要です。
 それ以前にガシガシ突いてしまうと痛みを感じることが多く、初心者なら避けて通ったほうが無難でしょう。

2 フェラはさまざまなテクニックを覚えたほうがいい

 まじめな女性ほど、セックスで気持ちがよくないのは自分に原因があると思い「超絶技巧・フェラテクニック」なんて特集を読み込んだりします。
 しかしフェラチオはバリエーションが多いよりも、気持ちよい部分を長い時間刺激されたほうが気持ちいいのです。めくるめくテクニックの数々……は、むしろ気持ちよくないとの証言が男性から多数出ました。

3 女性は高速ピストンのほうが、ゆっくり動くより気持ちいい

 気持ちいい場所をたくさん突いたら気持ちよいのではないか……と思いますよね。
 じつは女性の膣内は「動き」より「圧」に感じやすい構造となっています。動かれるよりもじっと押されたほうが気持ちいいのです。
 また、膣は粘膜のため乾燥すると痛くなります。高速ピストンや激しい指の動きは膣を乾燥させるため、痛みやすくなります。動かしたほうが感じやすいクリトリスでもそれは同じ。高速での愛撫は「百害あって一利なし」です。

4 潮を吹くとき、女性は感じている

 潮を吹いたことのある女性へ複数ヒアリングしたところ、吹いているときの気持ちは「無」だそうです。「あ、何か出た」くらいの感情しか抱かないそう。
 男性から見ると射精に似ているので気持ちよさそうに見えますが、残念ながら何も感じない女性が多数。女性も無理して潮を吹こうとする方がいます。その努力、止めはしませんが快感へはつながらないかと……。

5 男性は好きな相手なら勃起できる

 好きでも、勃たないことは多々あります。よく、童貞のセックスは途中で勃たなくなりやすいといいます。初めての挿入がうまくいくか、コンドームは正しく着けられるか、相手は痛くないか……ハラハラ心配しているあいだに萎えてしまうのです。
 ですから、男性が勃たないからといって、「愛されていないのでは!?」と不安にならなくても大丈夫。逆に言えば、男性は相手を愛していなくてもその場でノっていれば勃起します。愛情と勃起は無関係。チンコで愛を査定するのはやめましょう。

 これら5ヵ条はビッチさん、ヤリチンさんが口々に教えてくれた「誰もが抱えるセックスの誤解」です。ご覧になって「えっ、これからのセックス、どうすればいいの!?」と思った方もご安心ください。
 まずは次のページで、セックスの不快感をなくす5つの基本を学びましょう。

[eロマンスjpの連載情報はツイッターでcheck!]

全話スグ読める電子書籍はコチラ↓

「痛くないセックス」の作り方

ビッチ先生が教える 一緒に気持ちよくなれるセックス講座

著  者
トイアンナ
レーベル
eロマンス新書
価  格
636 円(税抜)
※各配信書店で販売金額が異なる場合があります。

以下の書店名をクリックすると、電子書籍版の購入ページへ移動します。

配信書店の一覧はこちら