シス×ブラ

シス×ブラ シスコンブラコン大乱戦
第2回

シス×ブラ シスコンブラコン大乱戦

2016/08/27公開
 両親が突然の事故で他界したのは、あたしが7歳のときだった。
 10歳離れた兄は高校最後の全国大会で好成績を修め、柔道で有名な大学に推薦が決まっていた。
 しかし、小学生だったあたしを養うため、進学をあきらめて社会人になることを選んだ。
 恋愛より柔道を選んだ兄が、あたしのために大好きな柔道を犠牲にしたのだ。
 いまのあたしがあるのは、兄のおかげ。
 兄には感謝してもしきれない。
 だから兄には幸せになってもらいたい。
 せめて、その日が来るまでは、あたしは兄の理想の妹であり続けると決めた。

「ふわぁ」

 あくびと一緒に出た涙で視界がぼやける。
 兄のオススメの番組は、睡魔を追い払うほどの威力はなかった。
 内容などサッパリ頭に入ってこない。

「さて、そろそろ寝るか。明日は早い」

 あたしに気を遣ったのか、それとも兄も睡魔に襲われたのか、あるいは本当に明日は早いのかは不明だが──。

「うん……」

 思考のにぶった頭であたしはうなずいた。
 気力を振り絞って立ち上がり、歯をみがいているあいだに、睡魔はどこかに逃げていったようだった。
 自分の部屋にたどり着いたときには、逆に目が冴えまくるという、おきまりのパターン。
 布団に入っておとなしくしていれば、そのうち睡魔も帰ってくるだろうが、いつもの就寝時間にはまだ少し早い。
 あたしはノートパソコンの電源を入れた。
 先ほど観ていたドラマの番組サイトにアクセスする。
 じつは、次の回が放送されるまでの1週間、無料で観ることができるのだ。
 まったく便利な世の中になったモノである。
 眠くなったらすぐに寝られるように、ノートパソコンをベッド脇のテーブルに置き布団に入る。
 壁一枚隔てて兄の部屋なので、一応ボリュームは限界まで抑える。
 チャンネルを変えられた場面までスッキップは可能だけど、感情移入をしたいので、最初から観ることにした。
 ドラマを再生してしばらくしてのことだった。
 ふと、隣からの奇妙な物音に気づいた。
 決して大きな音ではない。
 衣擦れと小さな振動といった、巨体の兄が動くだけでも発せられる程度の音なのだが、それが一定の間隔で何度も何度も繰り返されている。
 しかも、荒い息までそこに混ざっていて……。
 やだっ、もぉ──。
 ちょっと、お兄ちゃん、なにやってるのよっ!
 そりゃ、我慢できないのはわかるけど……。
 明日は早いんじゃなかったの?
 今日くらいやらなくてもいいじゃない。
 ──筋トレ。
 普段はそれほどでもないのに、気になり出すともうダメだった。
 ドラマに集中しようと思えば思うほど、隣からの雑音が気になってしまう。
 これでは感情移入どころではない。
 しかたなく、あたしはヘッドホンを着けた。
 効果てきめん、あたしはすぐに、ドラマの女性になりきることができた。
 このシーンでは、彼女はまだ誰ともキスをしたことがないという。
 そこがよけいに自分と重なる。
 20歳の誕生日という設定なので、あたしより5つも年下だ。
 なのに、彼女はこれから初めての……。
 あたしが25にもなってキスさえしたことがないのは、決して彼氏ができなかったわけではない。
 学生時代など、よく告白もされたものだ。
 そりゃもう、よりどりみどりで、中にはあたし好みのイケメンだっていたし、かなりいいところまでいったのだって一度や二度ではない。
 しかし、いよいよ──というときになると、決まってどこからともなく兄が嗅ぎつけてきて、品定めをするのだ。
 いきなり厳つい顔の大男が現われ、睨みつけられれば、たいていの男は逃げ出す。
 少なくともあたしの付き合った男は、一目散に逃げ出すか、腰を抜かすかのどちらかしかなかった。
 そして、それきり二度とあたしには近づかなくなる。
 そう、すべては兄のせいなのだ。
 当然、その直後は、しばらく口をきいてあげない。
 まあ、たいていはあとになって、じつは女グセが悪いとか、暴力を振るうとか、そういう最低な男だったということが発覚したりするんだけど……。
 たしかに、兄の見る目が正しいのは認める。
 だから、いつまでも引きずらないし、恨んだりもしない。
 でも、あたしだっていつまでも子どもじゃない。
 自分の相手くらいは自分で決められるし、それで失敗しても後悔はしない。
 むしろこの年で、恋の相手が妄想の中だけとか、そっちのほうがあまりにも寂しすぎる……。

[亜朝あおん 作品一覧]
理想の彼氏の育て方 オフィスでえっちな恋愛調教
ピュア Pure トライアングル はじめてのHは3人で!?
禁断トライアングル イケメン義兄弟の濃蜜ラブレッスン!
遠隔操作でラブえっち!? 深夜の濡れちゃう残業

[eロマンスjpの連載情報はツイッターでcheck!]

全話スグ読める電子書籍はコチラ↓

シス×ブラ

シス×ブラシスコンブラコン大乱戦

著  者
亜朝あおん
イラスト
純友良幸
レーベル
eロマンス文庫
価  格
454 円(税抜)
※各配信書店で販売金額が異なる場合があります。

以下の書店名をクリックすると、電子書籍版の購入ページへ移動します。

配信書店の一覧はこちら