この恋テイクアウトで

[2-1]ワンコ彼氏は万年発情期
第2回

[2-1]ワンコ彼氏は万年発情期

この恋テイクアウトで
2016/12/29公開
「ふぁー、お腹いっぱいだねー」

「うん、やっぱり外で食べるお肉は格別だよね。菜々子さん、今日はよく飲んでたんじゃない?」

「うん。おいしくて、つい……」

 帰りの車の中、ほろ酔いでいい気分の私は、ふわふわとしながら雄大にほほえみかけた。

「寝ていていいよ、着いたら起こすから」

「でも……」

「知らないやつらの相手で疲れたでしょ? 付き合ってくれたんだから、ゆっくり寝てて」

「うん」

 運転してくれているのに助手席で寝るなんてよくない、と思いつつも眠気が襲ってくる。酔いのせいもあってそのまま目を閉じて、いつのまにか眠ってしまっていた。



 なんだろう……。体がふわふわなものに包まれて、すごく心地いい。そう、まるでベッドの上にいるみたいな――。

「菜々子さん、着いたよ。菜々子さん……」

「ううん……」

「もう……。そんなに酔っちゃったの? しかたないなぁ」

 遠くで雄大の声が聞こえるような気がするけど……。でもまだ眠い。まぶたが重くて、なかなか目を開けられない。できるなら、まだ眠っていたい……。

「こんな無防備に眠っちゃって……かわいい」

 ぎしっという音と一緒に体が少し揺れる。あれ、やっぱりベッドの上……? でも、どこの? 私の家……?

「今日、あのメンバーの中でいちばんかわいかった。やっぱり菜々子さんは最高」

 ――そんなはずはないよ、だって雄大の女友だちのほうが若くてかわいかったじゃない。私もあんなふうに雄大と年齢が近かったらなぁ、なんて思ってしまった。
 同じ学校に通って、一緒のグループで遊んだりして、恋をして……。そんな関係に憧れる。同い年だったら、また違う雄大を見られたんだろうな。

「菜々子さん、起きてよ。起きないと、このまま最後までしちゃいそう」

 最後まで……?
 朦朧とする意識の中その言葉に引っかかった私は、ゆっくりと目を開いた。

「あ、菜々子さん起きた? おはよう」

「ゆう、だい……?」

 私の顔を上からのぞき込んでいる雄大が見えた。でも直感的に何か違和感を覚える。

「ここは、どこ……?」

「えっ……。ここ? ここは――」

 えへへ、とはにかむ表情を見て、嫌な予感がして周囲を見渡した。
 黒と紫で統一された、かわいらしいけれど妖艶な雰囲気の部屋。黒のダブルベッドの上に私は雄大に組み敷かれている。ここって、家じゃないよね。普通のホテルでもないし……まさか。

「ラブホテル」

「ええっ……」

 どうしてそんなところに!? と勢いよく体を起こすと、すでに私の上半身は下着だけの姿にされていた。

「雄大~っ」

「菜々子さんが酔って寝ちゃってたから、介抱していたんだよ。それより……俺、もう我慢できない」

 ええ! 急展開すぎない?
 車の中で寝ていたはずが、目を覚ますとなまめかしいラブホテルの一室で。しかももうすでに彼氏は盛っているなんて。ついていけないよ!

「待って、ちょっ……」

「だーめ。バーベキューしているときから、もう菜々子さんのこと欲しくなっちゃっていたから。もうこれ以上我慢できないよ」

 ブラジャーのホックを外され、彼の目の前で胸があらわになる。そしてすぐに胸の先に唇を寄せると、ちゅっと甘い音をたてて吸いつかれてしまった。

「……あぁっ」

「菜々子さん、好きだよ。アイツらに自慢したら、嬉しくなっちゃってさ。菜々子さんがいちばんかわいいんだもん」

「ん……、はぁ……バカ。そんな、こと……ないよ」

「菜々子さんは自己評価低すぎ。もっと自信もってよ。こんなにかわいいんだから」

 かわいい、かわいいの連発で、本当に「かわいい」の意味をわかってる? って聞きたくなる。好きな人に褒めてもらって嬉しいけど、素直に喜べない不器用な私。

「だから帰るまで我慢できなくて、ホテルに連れ込んじゃった」

 ああ、もう。その顔……。
 にへらーとほほえみかけられたら、怒れなくなってしまう。わざとやっているのか天然なのかわからないけれど、うちのワンコ系彼氏には敵わない。
 そんな彼に見とれているあいだに、愛撫がどんどんエスカレートして下半身へと向かいはじめていた。
 デニムを穿いている脚にすりすりと顔を寄せて、くんくんと嗅ぎ始める。

[藍川せりか 作品一覧]
理系男子の童貞を奪ったらたいへんなことになりました 完全無欠の同棲生活!?
秘蜜の愛の種たっぷりください 理系男子の求愛行動
理系男子の童貞を奪ったらたいへんなことになりました 妄想暴走温泉エッチ
イケメンオネエは隠れ肉食系でした!? 蜜愛×快感×溺愛H
理系男子の童貞を奪ったらたいへんなことになりました
この恋テイクアウトで 年下ワンコの発情宣言

[eロマンスjpの連載情報はツイッターでcheck!]

全話スグ読める電子書籍はコチラ↓

この恋テイクアウトで

この恋テイクアウトで年下ワンコの不埒な独占欲

著  者
藍川せりか
イラスト
青梨
レーベル
eロマンス文庫
価  格
454 円(税抜)
シリーズ
この恋テイクアウトで
※各配信書店で販売金額が異なる場合があります。

以下の書店名をクリックすると、電子書籍版の購入ページへ移動します。

配信書店の一覧はこちら