申し訳ありませんが、無料連載期間が終了しています。
以下の「作品ページへ」ボタンより作品ページに移動し、他の無料連載をご覧いただくか、全ての連載がスグに読める電子書籍版をご購入ください。

私の心臓と破綻した神のプログラムについて[1]

私の心臓と破綻した神のプログラムについて[1]

プロポーズは婚姻可能年齢になってからでお願いします

「文さん。愛してます! 結婚してくださいっ!!」 「まずはそのランドセルを下ろしてから来いやぁ!!」 清貧フリーター桃原文に毎日のように迫ってくる彼は、顔よし未来よしハイスペック&ハイソサエティな男、高屋敷克己。 これだけ好条件の男性に求愛されれば心も揺れる……わけがない! あなた小学生でしょうがっ!! 文が求愛をバッサリ切り捨ててスルーしても、まったくめげない克己に振り回される日々。 え? なんで私のスケジュール把握してるんですかね? ていうか、どうして合い鍵を持っているの? どうして私のSOSがわかるの? そんなおいしそうな食べ物持ってきても、いい大人が子どもに餌づけされるわけにはいかないんですってば! ぐいぐい文の日常に入り込んでくる克己についついほだされそうになってしまう文だが、他人には言えないとんでもない秘密があって――。 「一万年前から愛している」とプロポーズをしてくる小学生と清貧フリーターとの七年にわたる攻防と、ある奇跡&純愛ラブストーリー。