沢山の恋人から愛されたい貴女に。究極のエロティックロマンス!

沢山の恋人から愛されたい貴女に。究極のエロティックロマンス!
著:中谷紗羅
淑女の皆様ごきげんよう。愛と官能小説のブックレビューへようこそ♪ 日々ロマンスしていらして?
この連載レビューでは、皆様の心も体もロマンスでツヤツヤにしてくれるコンテンツをご紹介いたします! どうぞよろしくお願いいたしますね♪
さてブックレビュー第1回は……これを第1回で取り上げるとはどういうつもりだと、海外翻訳ロマンス小説ファンの淑女たちから「ええええッ! ここでその作品を紹介しちゃうの? ほかにももっとあるでしょう? なぜよりにもよってそんなハレンチな本を……!」って抗議のお手紙を受け取るかもしれないこと承知のうえで! 取り上げさせていただきます!

【作品名】罪深き愛につつまれて

結婚式当日に夫が殺人を犯す場面を目撃したため、夫から逃げていたヒロイン。力尽きて雪山で倒れたとき、イケメンのカウボーイ三兄弟に助けられるが……。あらすじからは、これってサスペンスなのかしら? と思われる作品でございます。
あら、なんだ普通の恋愛小説じゃないの。と思ったそこのお嬢様! 「カウボーイ兄弟に助けられる」ってところにご注目を。

「三兄弟」です。つまり「複数」です。ええお察しのとおり、このお話は「複数の恋人から、蝶よ花よと愛されかわいがられあれやこれやされる」という、女性にとって究極のエロティックラブファンタジーなのでございます!!(マジか!)。 

田舎町でも評判の、マジでイケメンで野生的なカウボーイ三兄弟。もちろん大きな牧場も持ってる大金持ち! ヒロインは結婚式の日に逃げ出したということもあり、愛も性も知りませぬ。傲慢系、ワンコ系、傷心系、それぞれタイプが違うイケメン兄弟たちが、無垢な彼女をエロティックで罪深い世界に誘います。
この作品はエロティカです。つまり、官能描写がメインのエロエロエッサイムな小説なので、サスペンスとか、一対一の普通のカップルのかたちをイメージしている方が読んだらハレンチすぎて壁に投げるかもしれません(汗)。そのくらいぶっ飛んでてホットな作品です。

正直な話、よくもまあ一夫一婦制のキリスト教的価値観に支配された西洋社会において、こんなお話が大ヒットするもんだなあ、これってある意味宗教的価値観への挑戦か? と思ったほどの衝撃でございました。というのは、これってファンタジーじゃないんです。日本のティーンズラブ小説にも複数プレイモノは沢山ありますが、どれも複数の関係が社会的に許されるファンタジー社会でのこと。しかしこのマヤ・バンクスの作品はあくまでも「現実社会」が舞台なのです。現実社会でヒロインが迷い込んだ不思議な世界感に読者の方々も戸惑うかもしれません(笑)

このシリーズ、続編も大人気で日本語訳されておりますので、気になる方はシリーズでチェックを! どれも汁気溢れるジューシーでエロティックな作品でございます。
(続編『愛とぬくもりにつつまれて』『束縛という名の愛につつまれて』※いずれもマグノリアロマンス)
ちなみにマヤ・バンクスの作品はドラマチックで、日本でも多くのロマンス小説レーベルから出版されています。一対一のノーマルな関係もありますからぜひ一度手に取ってもらえればと思います。

日本の文学寄りの恋愛小説は、ほろ苦いアンハッピーエンドなものが多いですが、海外の「ロマンス小説」といわれる海外翻訳の恋愛小説は、基本的にはどの作品も「ハッピーエンド」!エロティックな作品や歴史モノ、吸血鬼がヒーローの作品などとても充実しています。また、日本でも、最近はライトノベル、とくにティーンズラブジャンルの恋愛小説はホットでハッピーエンドですよね。

困難を乗り越えて結ばれるカップルの幸せなお話は心がときめくし、読み終わったあとの幸せ感はひとしおでございます。このような素敵な恋愛小説を今後こちらでどんどん紹介していければと思いますのでどうぞお楽しみに♪
topic_image

[プロフィール]
恋愛小説レビューサイト「ロマンスヒルズ」管理人/中谷紗羅

ハッピーエンド大好き! 物語はハッピフォーエヴァーじゃないと満足できないかわいそうな人。エロティカなど官能描写を含む海外翻訳ロマンス小説、ティーンズラブ小説や少女小説が大好きで、ここ数年で読んだ本は1,000冊を超える。ハッピーエンドの恋愛小説がもたらす読後の幸福感にどっぷりはまり、日々ロマンスを追求している。

  • 続きを読む