脱いだらスゴイ! 細マッチョなイケメンに抱かれるには?

脱いだらスゴイ! 細マッチョなイケメンに抱かれるには?
著:凛音
10年前とかに比べて、街にイケメンが増殖してると思ったあなた。
それ、髪型や服装だけの「雰囲気イケメン」がほとんどですからっ! そういう中途半端なヤツにかぎって、脱いだらメタボ腹だったりするのよね(人のことは言えないけど)。
「真のイケメンたるもの、脱いだら腹筋が6つに割れてないと!」とアタクシは思うのです。でも、単にガリガリの残念ボディか、ステキな細マッチョかって、見た目だけでは判別しづらい。
そこで細マッチョなイケメンに出会うべく、独自調査を敢行しました。

細マッチョさまが生息してそうな定番スポットへ

やっぱ腹筋割るには日々のトレーニングが不可欠に違いない。ってことで、自宅の最寄駅近くのスポーツジムへ偵察に向かうアタクシ。

ガラス越しに施設内を見ると、メタボおじさまからガチムチ兄貴まで、あらゆる殿方がうじゃうじゃ。
あのなかにはきっと、極限まで絞り込まれたボディにシックスパックをまとった、究極の細マッチョさまがいらっしゃるはず!

ぶっちゃけ、運動大っ嫌いだけどシックスパックを装備する細マッチョさまとお近づきになる場はここしかない。
アタクシは清水の舞台から飛び降りる覚悟で、ジムに入会することに。

トレーニングエリアに向かうと、いきなりひとりの爽やかイケメンがアタクシに近づいてくる。
ボディにフィットしたTシャツの袖口から垣間見える上腕三頭筋が、すっごくセクシー。あーん、あなたのその鍛え抜いた両腕でアタクシを強く抱きしめてー!

「初めてですよね。ご案内します」

なんだよ、スタッフさんかよ! ちょっと期待してしまったアタクシが馬鹿でした。せっかくなので、マシンの選び方などいろいろ質問してみる。
で、上腕三頭筋クン(スタッフ)に教えてもらったこと。

ガチムチと細マッチョはベンチプレスやレッグレイズが大好物だが、それは女子向けではない。チェストフライなど細マッチョも利用し、かつ女子でも扱いやすいマシンもある。

女子の筋トレは、軽いウエイトで回数を多めにトレーニングするのがポイント。おのずとマシン占有時間が長くなるので、イケメンが順番待ちで寄ってきたりする。
筋トレは毎日するものではなく、週に2~3回が効果的である。

ふむふむ。狙いたいイケメンを発見したら、何曜日に来てるのかチェックしなきゃってことね!
そして、うまいこと曜日がかぶらなければ複数の細マッチョさまとムフフな関係になれちゃうかもってことなのね!!

筋肉休養日に細マッチョさまと合コンへ

運動大っ嫌いなのに、シックスパック装備の細マッチョさまとお近づきになりたい一心でひたすら頑張ったアタクシ。いや、ほんとにチョー頑張ったよ、アタクシ。
同じ曜日の同じ時間帯を狙って、ジムに通うこと約1ヵ月。ついに、僧帽筋や三角筋が魅力的な細マッチョさまから合コンの約束を取りつけることに成功したのです。パチパチパチ。

アタクシ、筋トレ好きの人はお酒なんて飲まないって思ってたんだけど、そんなことないのね。トレーニング後、ロビーにある自販機の酎ハイ飲んで帰る、なんて人もけっこう見かける。
ガチムチ兄貴だけは持参のプロテイン飲んでるけど! ブレない兄貴、ある意味かっこいいっす。

そんなこんなで合コン当日。正直なところ僧帽筋クンのお顔はそれほど好みではないので、お友だち狙いだったのだけど……。僧帽筋クンが連れてきたお友だちのひとりは、雰囲気イケメン。要するにフツメン。
もうひとりはブサメン。てか、お腹がブタメン。ありえねー。イケメンのまわりにはイケメンが集う、というのはドラマや漫画のなかだけのお話なのね。

一方、僧帽筋クンはスポーツジムではお目にかかることのなかったスーツ姿で現われ……。広い肩幅と厚い胸板、たまらないっす。
か、かっこいい! 会社にこんな同僚がいたら一日中ムラムラしちゃって仕事にならないだろなー。

で、僧帽筋クンとの居酒屋合コンでわかったこと。細マッチョは揚げ物やごはんものは決して食べようとしない。「ビールは醸造酒だからなぁ。蒸留酒でないと」と謎の呪文を唱えながら焼酎を頼む。
蒸し鶏や豆腐をつまむたびに「これが筋肉にいいんだよ」といちいちのたまう。メニューに記されているカロリーをやたら気にする。って、おまえは女子か!?

なんだかなー。「筋肉を育てるには筋肉を休ませる日も必要だから、筋肉休養日は普通に飲みにいったりする」とか言ってたけど、全然フツーじゃないじゃんね。
おもいっきり筋肉のことしか考えてないやん。ちょっぴり細マッチョ熱が冷めるのを感じたアタクシです。

イケメン細マッチョさまとの「朝」を愉しむ?

不純な動機で始めたこともあり、ジム通いがどんどん面倒くさくなってくるアタクシ。
だがしかし、ベッドのなかで細マッチョさまのシックスパックを指でなぞって数えるという、おおいなる野望をあきらめるわけにはまいりませぬ!

筋トレマシンはほどほどにして、テレビ見ながらエアロバイクでお茶を濁していると、僧帽筋クンから声がかかる。
「朝って、何時に出れば(仕事に)間に合うの?」

え、えええ? いきなり夜のお誘いきたーーーーー? 1、2、3って腹筋のスジをなぞって数えるという、アタクシの野望がついにかなうの?

「ふ、フレックスタイムなので、わりとゆっくりできるけど……」
「じゃあ、明日から朝ジョグいこう! エアロバイク漕ぐのよりずっと気持ちいいから!!」
「あ、明日から?」
「おう! 7時集合で!!」

……こ、これがウワサの「朝活」かー! まあ、うすうす感づいてはいたんだけど、細マッチョをキープするにはストイックさも不可欠。
週に2~3回欠かさずに筋トレに通うだけでなく、普段の食事にも気を遣いまくる。そんな自己意識の高い男は、付き合う女子にも自己意識の高さを求めるってことなのね。

細マッチョイケメンには抱かれてみたいけどさ、もれなく朝活がセットって、ついていけませんわー。
「子どもの頃、へんなふうに転んで膝を痛めて、おばあちゃんの目が黒いうちは走っちゃダメって」とか意味不明な言い訳を並べ立てて、丁重にお断りしたアタクシなのでありました。
  • 続きを読む