和服貴公子の手ほどき

あなたの筆に乱されて

和服貴公子の手ほどき

内容紹介

「もう、ここを濡らしているのか? さくらは悪い子なんだな」
紫雲の低いささやき声が、さくらの耳を甘くくすぐる。肌を淫らになぞる筆先に、うぶなさくらは翻弄される。
全身が快楽に包まれ、夢か現実かもわからなくなるほど思考はとろけてしまう。紫雲に与えられる甘い刺激に、さくらは白い肌を赤く染めて悶え乱れる。体は紫雲に触れられることを悦んで疼き、筆先に過敏に反応して蜜は溢れてだしていく――。
もう紫雲のことしか感じることができない体になってしまえばいいのに……。
和服姿が似合う美形の書道家『天野紫雲』と広告代理店に勤めている水川さくらが出会ったのは偶然だった。たったひと文字が結びつけた関係は切なくゆれる。
恋心を秘めたまま2週間の同居生活を受け入れたさくらに、紫雲のラブレッスンが始まった。

全話スグ読める電子書籍はコチラ↓

和服貴公子の手ほどき

和服貴公子の手ほどきあなたの筆に乱されて

著  者
黒羽緋翠
イラスト
イナリユウコ
レーベル
eロマンス文庫
価  格
454 円(税抜)
※各配信書店で販売金額が異なる場合があります。

以下の書店名をクリックすると、電子書籍版の購入ページへ移動します。

配信書店の一覧はこちら