笑え、リビドー![2]

僕だけしか知らない声を聞かせて

笑え、リビドー!

笑え、リビドー![2]

内容紹介

「どうして、私、すぐ濡れて、あの声もあんなに大きいの!?」
嘉奈とって“声”はコンプレックス、誰にも相談できない悩みだった──。
意を決して、嘉奈は“あること”を試みたのだが、やはり“ソレ”は昔のままで変わっておらず……。灰路の人柄を知れば知るほどに、彼が「嘉奈の笑い声が好き」ということそのものが、嘉奈の心を重くしてしまう。
しかし、そんな嘉奈をそのコンプレックスごと灰路は包み込み、「友だちにしかなれない」と言われても少しもめげることなく嘉奈との時間を作り出し、甘く蕩かすように嘉奈を大事にあつかう。最初こそ警戒していた嘉奈だったが、一緒に食事をすること、寝る前にメールをやりとりすること……と少しずつ灰路を受け入れていく──。
「僕はもうすぐ東京に行ってしまう。できれば嘉奈についてきてほしい」
灰路の真摯な言葉をもうはねのけることができるわけもなくて……。

アウト寄りの犯罪スレスレ声フェチ残念変態イケメンと、ちょっとワケあり純粋OL。
バレンタインデーから始まる、1カ月間のハイテンション恋愛攻防戦中盤!

全話スグ読める電子書籍はコチラ↓

笑え、リビドー![2]

笑え、リビドー![2]僕だけしか知らない声を聞かせて

著  者
エノキユウ
イラスト
柾木見月
レーベル
eロマンスロイヤル
価  格
648 円(税抜)
シリーズ
笑え、リビドー!
※各配信書店で販売金額が異なる場合があります。

以下の書店名をクリックすると、電子書籍版の購入ページへ移動します。

配信書店の一覧はこちら