猫好き伯爵の真摯な執愛[2]

こちらから破棄するはずでした

猫好き伯爵

猫好き伯爵の真摯な執愛[2]

内容紹介

「わたくしはあなたの妻の座を所望いたします」

婚約破棄をしたいのに、なぜだかスタンフォード伯ヘンリー卿と“自由恋愛”中の公爵令嬢キャロライン。ヘンリーに嫌われたいのに失敗続き。ヘンリーの茶色のタレ目には、どんな姿も魅力的に映るらしい。あげくに、秘密の早朝の散歩(変装ver)までバレてしまって、大混乱! しかも、ヘンリーに「過去の女」がいたことを知り、キャロラインの思考回路はパンク寸前。
ヘンリーに嫌われたいのに、ヘンリーに誤解されたくない! 「過去の女」にはどんな笑みを向けていたの? この気持ち、いったいなんなの!?
着々と外堀を埋められていくキャロラインだったが、ヘンリーが抱えていたトラブルに巻き込まれ、ヘンリーから婚約破棄されてしまう。
あんなに待っていた婚約破棄だというのに、もはやキャロラインは喜べず、自分の本当の気持ちをヘンリーに告げる。
しかし、ヘンリーの返答は思いもしない冷たい響きのあるものだった――。
「では、私と犯してみますか? 過ちを」

婚約破棄を目指す夢見がち令嬢と、猫好きが高じてちょっとあぶない腹黒伯爵の、年の差ヒストリカルラブロマンス。

全話スグ読める電子書籍はコチラ↓

猫好き伯爵の真摯な執愛[2]

猫好き伯爵の真摯な執愛[2]こちらから破棄するはずでした

著  者
花粉症
イラスト
柾木見月
レーベル
eロマンスロイヤル
価  格
648 円(税抜)
シリーズ
猫好き伯爵
※各配信書店で販売金額が異なる場合があります。

以下の書店名をクリックすると、電子書籍版の購入ページへ移動します。

配信書店の一覧はこちら