シリーズ紹介

異世界の沙汰は社畜次第

異世界の沙汰は社畜次第

八月 八
イラスト
大橋キッカ

もっともっと働ける──
社畜と騎士団長の意思疎通皆無な捧腹絶倒社畜BL

ある日、聖女召喚に巻き込まれて異世界転移してしまった近藤誠一郎、二十九歳。経理課課長補佐として昼夜問わず働き続けて社畜根性の染みついた誠一郎は、異世界でも「仕事」を要求。
しかし、与えられたのは「とんでも予算申請書」に判を押すだけの簡単なお仕事。『横流し課』と呼ばれる王宮経理課のヌルい仕事に誠一郎は大激怒! 経理課の立て直しに乗り出した! 
そんな日々で誠一郎が手に入れたのは『疲れが吹っ飛ぶ栄養剤』。
胃が痛まない! 片頭痛がしない! 首肩腰が痺れない! もっともっと働ける!! 異世界すごいと感激した誠一郎だったが、異世界の栄養剤はとんだ副作用をもたらし命の危機に! 魔力ゼロの誠一郎が助かるためには「魔力のある人」に『挿入してもらう』必要があり……。「助かるなら」とあっさりと状況を受け入れた誠一郎は、眉目秀麗で寡黙な美丈夫・第三騎士団長アレシュ(♂)に身をゆだねるのだが――。
意思疎通皆無、捧腹絶倒社畜BL。

キャラクター紹介



近藤誠一郎

29歳。巻き込まれて異世界転移したサラリーマン。異世界でも思わず「仕事」を求めてしまった社畜。淀んだ目と目の下の隈は標準形態。


アレシュ=インドラーク

22歳。侯爵家子息。異例の若さで騎士団長の座に就いた稀代の天才。「氷の貴公子」とも呼ばれ、有能すぎるがゆえに何物にも興味を持てない。


白石優愛

16歳。聖女として召喚された女子高生。可愛らしい容姿で明るい性格。基本的に悪気はないが空気が読めていないときがある。


ノルベルト=バラーネク

18歳。毎朝1時間は掛けるバッチリヘアのチャラ男。王宮経理課の新人。坊ちゃん気質のお人よし。誠一郎が異世界で生活するためのサポートをする。


イスト

30歳。宮廷魔導課副官。眠たそうな目をして、いつもぼーっとしている。興味のあること、研究対象のことを話すときだけは活性化する。


カミル=カルヴァダ

42歳。ロマーニ国宰相。冷徹な切れ者。「シャチク」の誠一郎を「能力のある人材」と見抜き、王宮経理課副監理官に着任させる。



  • twitter
  • facebook
  • line
ページTOPへ戻る